病院によって様々な勤務時間

ほとんどの病院が日勤

転職の際に気になる事と言えば色々ありますが、勤務時間も気になる事柄のひとつだと思います。

放射線技師の転職の場合も勤務時間は気になる所ですよね。

看護師などは夜勤を行なう事も多いですが放射線技師の勤務時間はどのようになっているのでしょうか。

放射線技師専門の転職サイトで募集されている勤務時間をチェックしてみると、夜勤の勤務があるとしている所は非常に少ないです。

ほとんどが日勤で9時〜17時、9時〜18時くらいとなっています。

とくに町中のクリニックや整形外科など個人医院であればほぼ残業はないみたいです。

中には堂々と夜勤が無い事や残業が無い事をアピールしているところもありますね。

これだけ見るとまるで放射線技師には夜勤が無いようなイメージがついてしまいます。

しかし全く無いという訳ではありません。

病院によっては夜勤を任される事もありますし、土曜日も診察していたり、曜日によって午前で終わったり午後で終わったり、残業もあったりと変則な所もあるようです。

特に大規模な病院で救急体制を敷いているのであれば、いくつもの業務をやりこなさなければならず、休む暇もないくらい忙しいく働くこともあります。

自身の環境にあった病院選び

もし夜勤や残業が絶対に嫌だという場合は、放射線技師の転職サイトの勤務時間をよくチェックして下さい。「日勤のみ」と書いてくれている所もあるので、そうした病院やクリニックに応募すると良いと思います。

逆に残業や夜勤をバリバリやって稼ぎたいと思っている放射線技師の方は、夜勤や残業がある就職先を選ぶと良いのではないでしょうか。

夜勤は体力的には少しキツイですが手当て等でお給料はアップしやすいですからね。

このように診療放射線技師として働くといっても勤務時間や休日は病院の規模によって大きく傾向が変わりますから、自分が働きたいイメージに沿った病院選びが大切です。

現在働いている職場の勤務時間に不満があるという方は、是非転職サイトを活用して今より良い勤務時間の転職先を見つけて下さい。粘り強く探せば条件通りの職場が見つかると思いますよ。

放射線技師の転職支援にも対応!日本最大級の転職支援実績
メディカル業界の転職なら【DODAエージェントサービス】

オススメ転職サイトはこちら