放射線技師の仕事内容

放射技師は医療従事者

皆さんはコメディカルスタッフという言葉を聞いた事があるでしょうか?
コメディカルスタッフとは医師や歯科医師の指示を受けて業務を遂行する医療従事者の事です。

挙げだしたらキリがないのですが、例えば看護師、助産師、理学療法士、歯科衛生士、管理栄養士などは全てコメディカルスタッフです。

そして今回詳しくお話していく放射線技師もコメディカルスタッフです。医師や歯科医師から指示を受け病院やクリニックなどで放射線を用いた検査や治療を行なうのが放射線技師の主な役割となります。

放射線を用いる訳ですから、放射線技師の転職先は基本的に病院が多くなります。

しかし病院だけが全てという訳ではなく、例えば医療機器を開発しているメーカー、研究で放射線を用いている企業、原子力関連の企業、そして大学などに勤める人もいるようです。

放射線技師として転職をしたいと考えている方は、上記の求人情報を検索してみれば転職活動がスムーズに行なえるかもしれませんね。

放射線技師は国家資格

高度化した現代の医療現場では、医師自らがX線撮影やCT撮影を行なう事は極めて稀になりました。

医師は医師の業務に集中し、レントゲン撮影等はほとんど放射線技師が行なうようになっています。

現代の高度なチーム医療の一員として、診療放射技師は必要不可欠となっています。

因みに診療放射線を照射出来るのは医師・歯科医師・放射線技師のみとなっています。
放射線技師の資格を持たないで医療従事者が人体へ放射線を照射した場合、それは違法となります。

国家試験の受験資格は厚生労働大臣が指定した養成所において、3年以上診療放射線技師として必要な知識及び技能の修習を終える事が条件です。

また外国において同等の資格を有するもので、特定の条件を満たせば受験資格が与えられます。

つまり放射線技師はそれだけ特別で重要な資格であるという事なんですね。転職をする時もその事を忘れずに良い職場を見つけて欲しいと思います。

放射線技師の転職支援にも対応!日本最大級の転職支援実績
メディカル業界の転職なら【DODAエージェントサービス】

オススメ転職サイトはこちら