仕事のやり甲斐を持つこと

放射線技師としてキャリアを考えてみる

放射線技師の資格を取得するには大学か短大もしくは専門学校などに通学し、必要な知識及び技能の修習をしたうえで国家試験を受け資格を取得することになります。

この資格を取得するまでには一定の年月がかかり、そのうえ様々な苦労があることも考えればそう簡単に資格とは関係が無い他の業種に転職するわけにもいかないでしょう。

となれば、放射線技師という職業をいかにして長続きさせるかが大切になってくるのですが、それにはなにかコツなどはあるのでしょうか。
もちろん、ずっとやり甲斐を感じ勤め上げる方も多くいらっしゃいます。

しかし、時に職業に関して迷う方もいらっしゃいます。

すでに放射線技師として入職した方であれば分る事なのですが、仕事をしながら学ぶべきことが非常に多くありますので、若い頃であれば貪欲に知識を詰め込むと良いでしょう。

普段の業務では一般撮影はもちろんのこと、CT・MRI・消化管撮影などをはじめ様々な検査を行うことになり、それぞれで機器の使い方が大きく異なれば撮影した画像も異なってきます。

新しい医療機器も次々と開発されている中では新たに覚えるべき事も多くあり、前向きに学習を重ねて自身にキャリアにすることで給料を上げたり職位を上げる事に繋がりますので、そうした努力をたゆまぬ事が仕事を長続きさせるコツであるといえます。

加えて患者さんへの対応をいかに良くすべきか考えるのも長続きをするためのコツといえ、これは後に感謝という形で返ってくればモチベーションにもなります。

医療の仕事ということで、社会的貢献度の高い仕事ということもモチベーションとなる方も多いでしょう。

さらに現状でがんばるという事はもちろんですが、その先を見据えて中長期的な目標をもち、準備を重ねるという事も仕事を長続きさせるコツともいえます。

医療機関以外に転職をするという選択肢もありますから、そうした可能性も含めて人材紹介会社などを活用して情報収集をするといったことも検討してみてはいかがでしょうか。

放射線技師の転職支援にも対応!日本最大級の転職支援実績
メディカル業界の転職なら【DODAエージェントサービス】

オススメ転職サイトはこちら