目指す仕事の就職状況を知ることも大切です

必ず必要な人材だけに求人が無くなることはありません

何か仕事に就こうとする際には、単にやりたいという意欲や情熱だけでを目指すのではなく、その仕事の現在の就職状況についてや将来性という点でもしっかりと確認しておく必要があります。

特に昨今では経済状況が悪い事や、職種によっては有資格者が余っているという事態に陥る事もあるのですが、放射線技師の場合はこのあたりの就職状況はどの様になっているのでしょうか。

いくら頑張って資格を取ったとしても、就職先が厳しい場合、最悪報われない可能性もあります。
就職浪人をするのもなかなか厳しい状況です。

まず有資格者の人数についてですが、毎年実施されている資格試験で合格者は年々増えている事から、単純に人数で見た場合には多いようにも思えるのですが、一方で求人情報は多い状況にあります。

しかし、医療機関によって状況は異なりますから一概にはいえないといったこともあります。

求人が多い地域というのも実際に有り、こうした状況は放射線技師からすれば非常にありがたいもので、どこの職場にすべきかは様々比較することができ、より条件の良い病院を探す事もそう難しいわけではありません。

また放射線検査を行うのは病院だけでなく検査センターも各種あるわけで、医療機関だけに限定しても放射線技師の現在の就職状況は非常に良好だといえます。

では将来性で見たときにはどうなのでしょうか。

それを知るためには、職種ごとの平均年齢が参考になります。

実はこの資格で働く方の年齢は平均で約38歳となっていますので、いつまでも同じ職種についているわけではないようです。

他の資格を取得してキャリアアップを目指すというパターンも非常に多いので、放射線技師の資格に関連して将来的にどの道に進むかはできるだけ早い時期から考えておいた方が良いでしょう。

放射線技師の転職支援にも対応!日本最大級の転職支援実績
メディカル業界の転職なら【DODAエージェントサービス】

オススメ転職サイトはこちら