病院など医療機関が求人の中心となります

調べるタイミングによって、様々な職場からの求人を見ることが出来ます

放射線技師として仕事に就く際にはどういった場所で働き口があるのでしょうか。

求人情報で放射線技師について見てみると、やはりその中心となるのは病院や診療所などの医療機関です。

放射線検査を中心にマンモグラフィー認定技師であればさらに優遇され、それ以外にも院内業務全般が業務の範囲となる事もあります。

このマンモグラフィー認定技師とは、乳癌の早期発見のためにX線撮影による検査を行う認定制度の資格を持つ方の事を指しており、特に女性の患者さんと多く接する事から男性技師は倦厭され、いずれの働き口でも女性の有資格者を求めています。

そうしたことから一般の病院はもとより婦人科などのクリニックでもまた応募が出されている場合もあります。

ただ放射線技師という有資格者を見渡したときに男性は多数を占めています。

それでは病院以外ではどういったところに働き口があるのでしょうか。

病院以外の職場、企業などで働く放射線技師

実は医療系機器の開発メーカーなどでも需要があり、新たな機器の開発に放射線技師という立場で携わることがあります。

また機器を納入した医療機関に赴いて、その機器の使用方法や測定などが正しく行われているか確認し指導する場合もあれば、セールスマンというわけではないのですが展示会などに赴いて操作をすることもあります。

最近ではその知識を活かして、企業へ転職をされる放射線技師の方もいるということです。

さらに研究という点では大学や研究所などでもわずかながら求人がある場合もありますが、元が非常に少ない枠でありいつ欠員が出るかは分りませんので、ピンポイントで狙うというのにはあまりなじまない働き口であるといえます。

放射線技師の転職支援にも対応!日本最大級の転職支援実績
メディカル業界の転職なら【DODAエージェントサービス】

オススメ転職サイトはこちら