転職活動の進め方

履歴書、職務経歴書の書き方も重要です

放射線技師として求人に応募する際には、選考に残るため履歴書を提出し面接を受けるなどの難関を乗り越えることになりますが、その際には印象の良い接し方や文章の書き方など注意すべき点はあるのでしょうか。

面接の際にどのような接し方をすれば良いかという点ですが、緊張感が漂う中でも落ち着きを持ってご自身をアピールしなければなりません。

ですから、面接官がどの様な質問をしても詰まることなくスムーズに答えられるよう準備しておくことが大切になります。

では放射線技師の場合はどういった質問がされるのでしょうか、面接一般で聞かれる内容はもちろんなのですが、やはり医療の現場という事でチームでの係わり合いが重要となり、協調性であったりコミュニケーション能力などが備わっているかそのあたりの確認が行われます。

加えて放射線技師として仕事に対する意識も当然に聞かれることになりますので、いずれにおいてもあらかじめ答えを用意しておくとあせらず落ち着いた接し方で相対する事ができます。

面接対策として、頭の中で何度もイメージを作り練習しておくことも効果があります。

履歴書、職務経歴書も時間を取ってしっかりと作成しましょう

続いて印象の良い履歴書の書き方についてですが、基本に忠実に書くというのが良い印象を与える書き方として大切になるのですが、それ以外でも注意点があります。

職歴に関してはできれば転職回数は少ない方がよく、また志望動機に関しては応募先の特徴なども汲んだ内容にしておくことで説得力があり印象の良い内容にすることができます。

さらに履歴書と共に提出する職務経歴書も非常に重要な要素となりますので、併せて入念に作成しておきましょう。

履歴書ですが、自筆で丁寧に書いた方が印象は良いことが多いでしょう。

放射線技師の転職支援にも対応!日本最大級の転職支援実績
メディカル業界の転職なら【DODAエージェントサービス】

オススメ転職サイトはこちら