雇用形態について

医療機関側の厳しい経営状況。人件費を削る傾向も

医療関係の仕事の場合、正社員で安定した職業というイメージの方も多いかと思いますが、実際に現場に訪れるとパートやアルバイトまたは契約社員として働いている方が徐々に増えています。

これは放射線技師においても同じ事で、医療費を切り詰め何とかやりくりをしようという中で人件費を削るというのは常套手段であり、現状ではまだ正社員は多い方ですがパートや契約社員の数が増えるというのは今後さらに加速すると考えられています。

実際に働き口について求人情報を調べてみると募集は時期にもよりますが、多く見つけることができます。

ですから、正社員という選択肢以外で働きたいという方にとっては困るような状況ではなく、むしろ働き口の選択肢が多いことから様々雇用条件を見比べることができます。

正規雇用、非正規雇用

ただ一般的に非正規雇用は給料や社会保障などの面で劣っておりできるだけ正規雇用へとシフトしたいと願う方がいるのですが、非正規という働き口は損かというとけしてそうではありません。

特に医療の現場では規模の大きな病院の場合に、勤務体系が2交代や3交代としているところもあり、これは看護師のみならず放射線技師もまた詰めているケースもあるのです。

正社員としての雇用であればこうした勤務も避けることができず、人によっては身体を壊してしまう場合もあるかもしれませんが、パートや契約社員の場合にはこちらの希望通りに勤務日数をセーブすることができますので働きやすいといえます。

また日勤のみの場合でも子育てや家庭がある場合には、勤務時間を短くしやすいというメリットもありますので、こうした点を考えれば非正規の放射線技師もさらに増えていくものと思われます。

放射線技師の転職支援にも対応!日本最大級の転職支援実績
メディカル業界の転職なら【DODAエージェントサービス】

オススメ転職サイトはこちら