どういった職場の種類があるか

病院や診療所などの医療機関に勤務するのが一般的ですが・・・

放射線技師が働き口を求めた際に、どういった職場の種類があるのでしょうか。

資格、能力を活かせる場をお探しの方もいるでしょう。
職場について考えてみたいと思います。

そもそも放射線技師の業務内容を見てみると、レントゲン・CTスキャン・MRI・超音波検査・眼底写真撮影などの医療機器を操作して患者さんを撮影する事が主な業務にあたりますので、病院や診療所などの医療機関に勤務するというのが一般的となります。

比較的規模が大きな病院では放射線技術科に配属され、放射線治療科の医師の指示や協力のもとで患者さんの撮影を行うと共に、被曝線量の確認を行い低減に勤めることも大事な職務となります。

病院によっては24時間対応している場合もあり、緊急搬送はもちろん入院中の患者さんが急変した場合などにも、緊急を要する検査を実施します。

さらに放射線技術科の中で部署がより細分化されている場合には、画像検査部門・核医学検査部門・放射線治療部門などに分かれて、それぞれで担当業務に当たる場合もあります。

放射線技師の職場の種類

一般的に放射線技師の職場の種類といえば上記のような病院というイメージが強いのですが実際にはそれだけには留まりません。

実際には原子力工業分野や各研究機関などでも求人があり、原子力発電所・医学研究所・放射線機器メーカー・医療機器メーカーなどが具体的な職場の種類として挙げることができます。

こうした職種の場合は基本的には会社員となりますので、病院勤務のように生活リズムが大きく崩されるようなことも無く、多少の残業はあれどかなり安定した勤務体系となります。

放射線技師の転職支援にも対応!日本最大級の転職支援実績
メディカル業界の転職なら【DODAエージェントサービス】

オススメ転職サイトはこちら