転職をお考えの診療放射線技師の方へ

掲載記事一覧

カテゴリ記事一覧です。

転職サイト探す際の注意点
求人サイトといっても様々な種類があるもので、あまねく職業を網羅した巨大なサービスもあれば、アルバイトやパートなどの情報に特化したサイトなど、それぞれに特長があります。

給料・年収の相場
放射線技師の給料・年収はいくらくらいが相場でしょうか。 給料は出来るだけ高い方が良い、というのはほとんどの方が思う事ではあります。

放射線技師の職場の種類
一般的に放射線技師の職場の種類といえば上記のような病院というイメージが強いのですが実際にはそれだけには留まりません。

パート、契約社員、正社員求人
現状ではまだ正社員は多い方ですがパートや契約社員の数が増えるという動きは今後さらに加速する可能性もあります。

臨床経験が無い場合の放射線技師の就職・転職
放射線技師の求人を見ていると、経験者優遇という記載があったり経験年数〜年以上や未経験者不可とされている場合もよく見受けられます。

放射線技師の仕事の魅力
放射線技師をはじめとする技師の場合はどのような点が魅力でありやりがいがあるのでしょうか。

面接対策、履歴書の書き方
職歴に関してはできれば転職回数は少ない方がよく、また志望動機に関しては応募先の特徴なども汲んだ内容にしておくことで説得力があり印象の良い内容にすることができます。

放射線技師の職場
医療系機器の開発メーカーなどでも需要があり、新たな機器の開発に放射線技師という立場で携わることがあります。

放射線技師の就職状況
他の資格を取得してキャリアアップを目指すというパターンも非常に多いので、放射線技師の資格に関連して将来的にどの道に進むかはできるだけ早い時期から考えておいた方が良いでしょう。

放射線技師として長く働くコツ
医療機関以外に転職をするという選択肢もありますから、そうした可能性も含めて人材紹介会社などを活用して情報収集をするといったことも検討してみてはいかがでしょうか。

放射線技師 第二新卒の転職
放射線技師の第二新卒求人をお探しですか? 放射線技師の求人状況は良くないとも言われますが年齢によりますね。第二新卒で20代なら、またまだ可能性は高いですよ。

オススメ転職サイトはこちら