放射線技師の就職活動について

放射線技師の就活に成功するには?

放射線技師の就活についてお伝えします。

専門学校や大学在学中に就活を始めることになりますが、中にはなかなか内定が貰えずに焦っている方もいるようですね。

やはり大きくて有名な病院への就職に関しては、在学中の成績が求められますし、綿密な就職対策も必要になります。大学のネームバリューも必要になるかもしれません。

他の就活でも同じですが、大きな企業(病院)に入るには、そもそもの条件を満たしていないことが多いんですよね。もちろん条件を満たしていれば自然に内定は貰えるでしょうし悩む必要もありません。

しかし、例えば小さな専門学校卒だったり年齢的なデメリットがある場合、規模や知名度よりも、自分らしく働けるかどうかを重視して就活を行うと良いでしょう。

20代後半で放射線技師を目指す方もいますし、中には30歳を超えてから専門学校に入学して勉強を始める方もいますよね。

そのような状況でも放射線技師の資格があれば就職・転職に強いですし、若い世代と比べれば確かに選択肢は狭くなるかもしれませんが、『まずは実務経験を積むこと』を目標に就職活動を行えば、就職先が全く見つからないということはないと思います。

地域にもよりますが、放射線技師の求人募集自体は多いですしね。

東京や大阪は安定的に見つけることが出来ますし、愛知、群馬、広島、福岡、神奈川、札幌、千葉、栃木などでも求人案件は探せると思いますよ。

また、国家試験後の3月〜4月にかけて求人募集されることもあります。その場合は急募、二次募集が多く、条件の良い病院からの求人もあるようです。

就職最前線の時期に就活を行うのも良いですが、その時期に内定が決まらなくても焦らず、3月〜4月の段階で募集が掛けられる求人を狙っても良いかも知れませんね。

そのためには、大学や専門学校の就職担当者とコミュニケーションを取って、「良い求人があれば教えて下さい」と伝えておくと良いですよ。

チャンスは必ず捕まえるという気持ちで、粘り強く就活を行って下さいね。

放射線技師の転職支援にも対応!日本最大級の転職支援実績
メディカル業界の転職なら【DODAエージェントサービス】

オススメ転職サイトはこちら