放射線技師からアプリケーション職へ転職するには?

転職成功者の傾向について

診療放射線技師からアプリケーション開発(アプリケーション職)へ転職をお考えの方向けの情報を掲載しています。

放射線技師からアプリケーション職を目指される方もいらっしゃると思います。

実際に転職成功事例を調べてみたのですが、医療機器メーカーのアプリケーション職へ転職成功した方も多いようです。

男性、女性、共に転職成功者がいましたが、どちらかと言えば女性の方が多い印象を受けます。しかし男性だからと諦めず、まずは求人探しから始めると良いでしょう。

放射線技師として数年間勤務した後、元々志望していたアプリケーション職に転職したい、医療機器メーカーで働きたいという希望をお持ちの方が多いようです。

20代〜30代で転職される方が目立ちますので、その辺りは一般的な転職適齢期と同じと考えて良いでしょう。40代を過ぎると、それまでの経験、知識、キャリアが大切になってきますね。

一度アプリケーション職で働けば、すでに未経験者ではありませんから、その後の転職も容易になるのではないでしょうか。

そのためにも、まずは若い内にアプリケーション開発の仕事に携わりたいところですね

アプリケーション職への転職成功率を高める

自分ひとりで求人探しを行う方法もありますが、それよりも人材紹介会社に相談する方が良いでしょう。なかなか自分自身を客観的に見ることは出来ません。

しかし転職を成功させるには、客観的で第三者的な視点が必要になりますから、人材紹介会社のコンサルタントから中立な評価、分析をしてもらうと良いですね。

アプリケーション職への転職が可能なのか? 可能な場合は、どの部分を履歴書や面接でアピールすれば良いかなど、様々なアドバイスをもらえると思います。

無料登録から初めてみて下さいね。

放射線技師の転職支援にも対応!日本最大級の転職支援実績
メディカル業界の転職なら【DODAエージェントサービス】

オススメ転職サイトはこちら