診療放射線技師は現代の医療チームには必要不可欠な職業

診療放射線技師で今後のキャリアについて悩みを抱える方もいる

診療放射線技師の主な職場は病院、診療所などの医療機関。

仕事内容は、レントゲン撮影、MRI、CTスキャンなど装置を使用し、放射線を用いた検査、治療を仕事内容とします。

小さな病院では医師が自らX線撮影やCTなどの検査を実施することもありますが、やはり放射線は危険であり、専門的に知識を得ている放射線技師を採用して業務を任せる病院が多いです。

現代の医療チームには、必要不可欠な職業となっています。

しかし、実際に働いている放射線技師の中には、今後のキャリアについて悩みを抱える方も少なくないと言います。 あなたはどうでしょうか?

放射線技師のキャリアアップ

放射線技師としてキャリアアップを狙うのであれば、通常は放射線取扱主任者試験を受ける事が多いでしょう。

難易度も高い国家資格ですから、1回で合格するのは日常の業務もあり、難しくなっているようです。

病院などに勤め、より専門性を高めて現場のリーダー、責任者として技師としてのスキル、経験を高めていくという道もありますが、最近では年収が頭打ちになる事や、仕事内容に広がりがないと言ったことから特に若手で転職、キャリアチェンジを考える人材も多いと言います。

キャリアチェンジ。企業で活躍する道もある

放射線技師としての知識、経験を活かして働く事が出来る、企業への転職という選択肢もあります。

医療機器の機器操作オペレーターやMR、放射線機器を開発しているようなメーカーなどからの求人があります。

企業で働くと言うことは、閉じた空間である今までの病院、診療所での人間関係とは変わります。

様々な関係者とのやりとりもありますし、顧客との接点も生まれてくるでしょう。

ビジネスマナーも新たに身につける必要があります。

放射線技師として活躍してきた経験をベースに、企業で働くというキャリアチェンジもあります。

転職について興味がある方は、転職サイトを利用して一度情報収集されると良いと思います。

放射線技師の経験を活かして働く事が出来る職業には、どういったものがあるかを確認することが出来ます。

こうした転職サイトを利用したからといって必ずしも応募しなければならない、と言うことはありませんので、安心して利用してみてはいかがでしょうか。

放射線技師の転職支援にも対応!日本最大級の転職支援実績
メディカル業界の転職なら【DODAエージェントサービス】

オススメ転職サイトはこちら