診療放射線技師の就職状況は

放射線技師は20代前半の新卒からの応募も多くある

就職難、と言われている放射線技師ですが、公務員試験の倍率や超難関と言われる人気企業との就職競争を考えれば、それほど就職難という状況でもないのかな?という気がしないでもありません。

もちろん、就職活動をする年齢によっても仕事の見つかり方は違ってくるでしょう。

どの業界、職種であってもそうですが30代過ぎてからの就職活動は大変です。

履歴書も通らない事がよくあります。

応募者がたくさんいますので、そこをあえて20代、30代と比較して30代を採用しなければならない理由を、採用側に印象づけなければなりません。

普通に考えると、吸収力もありますし給料も安く済む若手を採用します。

そこをひっくり返すだけの理由が必要といえます。

新卒、第二新卒といっても専門学校に社会人を経験してから入学される方もいます。

短大・専門学校などで3年以上、大学の診療放射線技師養成課程で4年間、その上で国家試験を受けますから入学時に30歳として、放射線技師の資格を取得できるのが33,4、場合によってはそれ以上かかるかもしれません。

就職したい放射線技師はたくさんいますし、20代前半の新卒からの応募もありますから、これから放射線技師を目指して勉強しようとお考えの方は、そうした部分も理解した上で資格取得を目指した方が良いと思います。

放射線技師が見つかるおすすめ求人サイト

就職難となっているのはある程度年齢を経た新卒放射線技師が多いようです。

また、国家試験浪人は印象が悪いようですから、1発合格を目指して頂きたいと思います。

新卒・第二新卒の診療放射線技師の求人を探す場合には、学校の就職部も利用しつつ、転職サイトも活用されると良いでしょう。

もちろん、直接医療機関に問い合わせる行動力も重要です。

放射線技師の求人であれば、

DODAエージェントサービス
はたらいく

この2つが見つかりやすいのでは、と思います。

放射線技師の求人をお探しの方はご覧になってみてください。

求人との出会いはタイミングです。

まずは求人の状況を問い合わせたり、公開求人を調べて見たりされてはいかがでしょうか。

放射線技師の転職支援にも対応!日本最大級の転職支援実績
メディカル業界の転職なら【DODAエージェントサービス】

オススメ転職サイトはこちら